視力回復法とはメガネのように矯正するのではなく、目のトレーニングで視力を回復する方法です。

特にこどもの場合は効果が高いのでおすすめです。

視力回復法のメリット

・身体への負担がゼロ
あくまで、目のトレーニングですので身体への負担がありません。
大人でもできます。

・早めにやっておくほど良い
視力回復法は早めにやておくほどいいです。
逆に視力がかなり落ちてからしても上がるのが難しくなります。

視力回復法の注意点

・独学では難しい。
書店にいくと視力回復の本はいろいろありますが、素人が一人でやっても、疲れ目を取る効果くらいは期待できますが、
本格的に子供の視力回復をするのは難しいです。

・子供専門のものは意外とすくない
視力回復法の本は書店でもたくさんありますが、基本的に大人向けの本で、大人のPCや仕事の目の疲労を解消するものが多いです。
子供の視力回復法には専門のものがあります。

・高額な費用がかかるケースも
視力回復センターで直接専門家の指導を受けて視力回復のトレーニングをする方法もありますが、通常月額で20,000円程度かかり、それで半年~1年かかる場合があるので注意です。
しかも、効果がなければ返金というわけにはいきません。

視力回復法のデメリット

視力回復法そのものにデメリットはありません。

しかし、視力回復センターに通って、万一効果がない場合はお金が無駄になる可能性が全く無いわけではありません。

それも返金保証付きの視力回復トレーニングキットを使えばそのデメリットはゼロになります。