子供の目が悪くなったと感じた、場合に行動すべきことです。

子供の目が悪くなった感じるきかけとしては、つぎのようなものがあります。

・学校の視力検査
・目を細めてものを見ている。
・斜めにものを見ている。

視力検査が悪かった場合や目を細めてものを見ている場合

まずは、眼科にいって正確な視力を測りましょう。

そして、めったにないことですが、病気的な近視ではないことを確認してください。

眼科に行く日はゲームなど目がつかれることはしてはいけません。

目が疲れると視力が下がるので、正確な視力になりません。

眼科でメガネを勧められても

ドクターによっては、すぐにメガネをすすめるドクターもいます。

しかし、しばらくは点眼薬と視力回復の目のトレーニングで様子をみるのがお勧めです。

メガネをかけると、近視を治すのは困難になります。

学校では

学校でも先生にお願いして黒板の見えやすい位置で座らせてもらうようにしましょう。

斜めにものを見ている場合

食事の時、テレビを横からみる位置に座っている子供にありがちです。

それが癖になっているのです。

まっすぐに見るように生活習慣を改善しましょう。