子供の近視の原因を知るには近視になる原因を知る必要がありますが、現代医療をもってしても何故近視になるかについてははっきりわかっていないのが実際のところなのです。

ここではよく言われる近視の原因についてまとめました。

近視は遺伝?

近視は遺伝というのは俗説で根拠はありません。

ただ、先天性よりも子供の生活習慣は親と似ますので、結果として親と同じように近視になってしまう場合はあるようです。

近視の原因で考えられることは?

実は子供はそもそも遠視気味なので、近視方向に少し視力が進むのは正常。

実は子供はそもそも遠視気味です。
つまり、遠くが見えすぎている。
目のピントが網膜のやや奥で合っています。
それが眼球の成長に連れて、網膜の手前、眼球の中心寄りにすすむので近視方向に少し進んで正視です。
ですから、近視方向に視力が少し進んだからといって、メガネをすぐにつけると、メガネに合わせて目が成長するので、極力メガネは最後の手段にすべきです。

目の酷使

視力低下の一番の原因です。
スマホゲームや携帯ゲームばかりして、目を休ませていないと、目の筋肉がかたくなり、知らない間に視力が下がります。
しかし、その場合は、視力回復法などで目を休ませることで用意に視力は回復します。

電車の中での勉強

電車の中で読書も目によくありません。
最近は受験勉強をするお子さんも増えていますが、動く電車の中での本読みは目に負担が大きいですので極力避けましょう。

食生活

食生活の変化により、子どもたちの平均身長がどんどん高くなっています。
近視と平均身長の大きさは関連があると言われています。
というのも、身長がのびるいうことは眼球も発達しますが、眼球が大きくなると、目のピントは目の中心に近づきます。
つまり、近視が進むということです。

病的近視

めったにありませんが、病気による近視です。
医師の治療が必要です。
一応、視力が悪かったら検査を受けましょう。

近視は治る?

子供の内の近視は治る可能性が高いです。

たとえば、学校の視力検査でC以下の判定を受けたとしてもすぐにメガネをかけてはいけません。

近視を治す手を打つのが先です。